GUIDE

診療案内

ABOUT

皮膚科について

皮膚病の原因を探り、皮膚に最適な治療法をご提案します
皮膚病は様々な要因が組合わさって発生します。そのため、「痒がっている」、「皮膚が赤い」、「毛が抜ける」などの「症状」だけを診て診察を進めるのではなく、これまでの経過・食餌内容・おやつの種類・環境など、皮膚病にかかわる様々な要因について、飼い主様に詳しくヒアリングすることがとても重要です。
皮膚病の治療には、時間がかかることもありますが、ペットが少しでも快適に過ごせるようお手伝いしたいと思います。

ADAPTATION

適応症状

アトピー性皮膚炎 食物アレルギー ノミアレルギー
皮膚炎
膿皮症
マラセチア皮膚炎 皮膚糸状菌症 ニキビダニ症
(毛包虫症)
疥癬
甲状腺機能低下症 副腎皮質機能亢進症
(クッシング症候群)
皮膚リンパ腫 肥満細胞腫
自己免疫性皮膚疾患 外耳炎 中耳炎

FLOW

診察の流れ

1.問診 これまでの経過を詳しく教えて下さい。シャンプーや食事の種類、かゆみがあればその程度などお聞きします。現在投薬中のお薬があれば持参してください
2.身体検査 症状の分布や、かゆみを観察し、同時に栄養状態などの全身状態をチェックします。耳のなかを耳鏡を用いて観察します。
3.皮膚検査 皮膚や耳の病変部に細菌、真菌、寄生虫が存在していないか、顕微鏡で観察します。
これまでの治療で改善が認められていない場合、病変部の材料を培養し、薬剤の感受性検査(どのお薬が効果ががあるのかを調べる)を行うことがあります。
※押捺検査、掻爬検査、抜毛検査、針生検など

ここまでが皮膚病の基本的な検査です。以下は必要に応じて行います。

4.血液検査 アレルギー抗体検査や、甲状腺ホルモン、副腎ホルモンの定量などをおこないます。
5.レントゲン
 超音波検査
上記の血液検査と合わせて行います。皮膚の症状を引き起こす内臓疾患(副腎や、肝臓)の有無を調べます。
6.皮膚生検 皮膚の一部をくり抜き、病理組織検査センターに診断を依頼します。通常の治療に反応しない場合や、確定診断を行うために必要となることがあります。一部は局所麻酔で行えますが、殆どの場合全身麻酔下での処置が必要となります
7.耳内視鏡検査 通常の治療に反応しない外耳炎などで行います。麻酔が必要となります。

TREATMENT

治療

問診や検査などにより、原因がわかれば個々の原因に応じた治療法をご提案します。
複数の皮膚病が併発していることもよくあります。そのため複数の治療を併用することもあります。
ex. 膿皮症
抗生物質の投与(内服薬が一般的ですが、2週間効果が続く注射もあります)、
殺菌作用のある薬用シャンプー、消毒液、塗り薬など
ex. マラセチア性皮膚炎
抗真菌剤の投与(内服薬)、抗真菌作用のある薬用シャンプー、塗り薬など
ex. アトピー性皮膚炎
内服薬の投与、減感作療法、インターフェロン療法など
ex. 食物アレルギー
食餌療法など
ex. 外耳炎
耳洗浄、点耳薬の使用(週1回の投与で2回の通院で治療できます)など
ex. 甲状腺機能低下症
血液検査で甲状腺ホルモン値をモニターしながら、甲状腺ホルモン剤を投与します。
[薬用シャンプー療法]

皮膚病の中でも、特に細菌やマラセチア(酵母様真菌)などが原因もしくは悪化要因となっている場合、
適切な薬用シャンプーによるシャンプー療法は非常に有効です。また、そのような感染がなくてもアトピー性皮膚炎では
皮膚のバリア能は弱まっており、保湿がとても重要となりますが、この場合は保湿系の薬用シャンプーがとても有効です。
薬用シャンプー療法のポイントは、

①適切な薬用シャンプー剤を選ぶこと

②皮膚の汚れを落とした後、適量の薬用シャンプー剤を5~10分作用させること
(ここがとても重要です!すぐに洗い流してしまってはあまり意味がありません)

③症状に応じたシャンプーの頻度(治療として週に2~3回から、予防として月に1~2回まで個々の症例により様々です。)
ご自宅でのシャンプーが困難な場合、当院併設サロンでもできますのでお気軽にご相談ください。

[マイクロバブル療法]

皮膚病の治療のひとつとして、マイクロバブル療法を行っております。
特に膿皮症やマラセチア性皮膚炎などの感染性皮膚疾患、アレルギー性皮膚疾患においては、かなりの効果が認められます。
薬用シャンプーとマイクロバブルを併用する事により、内服薬を使わずに皮膚病が治るケースもあります。

マイクロバブルとは?(http://www.microbubble.jp/index.cgi?1001

夜間救急診療についての詳細
Facebook
トリミングサロン
動物ナビ
犬・猫食事療法のお店
スタッフ募集中
アニコムペット保険対応動物病院
アイペットペット保険対応動物病院
獣医師勤務表はこちらから
友だち追加