GUIDE

診療案内

ABOUT

エキゾチックアニマルについて

うさぎ・フェレット・ハムスターの診療をしております。
エキゾチックアニマルとは一般的に犬猫を除く、うさぎ・フェレット・ハムスター・インコ・カメなど様々な種類の動物のことをいいます。エキゾチックアニマルは犬猫とは飼育管理の条件がかなり異なっていることから、十分な飼育環境が整えられずに病気になってしまうことも少なくありません。また、生態系の中では比較的弱い立場にいる動物が多く本能的に病気を隠す傾向があるため、飼い主様が何かおかしいと気付いた時には病状がかなり進行している可能性もあります。このため正しい飼育管理と普段からペットの様子をよく観察しておくことが非常に重要となります。
少しでも気になること、疑問に思うことなどございましたらお気軽にご相談ください。

ADAPTATION

うさぎの病気

不正咬合 食滞・毛球症 子宮疾患 尿路結石
開張肢 骨折 皮下膿症 足底皮膚炎
湿性皮膚炎 結膜炎 角膜炎・角膜潰瘍 偽翼状片

ADAPTATION

フェレットの病気

副腎疾患 異物誤飲 インスリノーマ リンパ腫
ミンクアリューシャン 耳ダニ症 季節性尾部脱毛症 毛球症
歯周病 インフルエンザ 後肢麻痺 白内障
角膜炎 心疾患 犬糸状虫症
(フィラリア)
脾腫

ADAPTATION

ハムスターの病気

下痢 ウェットテイル 直腸脱 腸重積
皮膚病 ニキビダニ症 不正咬合 頬袋脱
心疾患 骨折 卵巣・子宮疾患 精巣炎

A LOT OF CASE

特に多い症例について

不正咬合
(うさぎ)
ウサギは草食動物で、切歯(前歯)、臼歯(奥歯)ともに生涯伸び続ける常生歯ですが、先天性の原因や適切でない食餌内容などの原因で歯がうまく摩耗しないとかみ合わせが悪くなり様々な症状を引き起こします。尖った奥歯の先端が口の中を傷つけ食欲不振の原因になったり、ずれて伸びた歯の根っこが目の病気を引き起こしたりすることもあります。治療としては伸びすぎた歯や尖った歯の先端を削ったり、二次症状があればそれに対する治療を行いますが、一度発症すると完治が難しい病気の一つです。
食滞・毛球症
(うさぎ)
ウサギの胃腸は非常にデリケートで、食餌中に繊維不足、水分不足、ストレス、運動不足などの原因から、容易に運動機能低下が起こります。食滞とは、消化管内容物が停滞する病気で、毛球症とは、胃の中に被毛などが固まり消化管を閉塞させる病気です。どちらもウサギで最もよく発生する病気の1つです。治療としては点滴やお薬で胃腸の運動を促したり、手術で毛球を取り除いたりします。ですが手遅れという場合もありますので、適切な食餌・運動・ストレスの軽減・ブラッシングなど予防に努めることも大切です。
副腎疾患
(フェレット)
副腎は腎臓の近くにある小さな組織です。フェレットの副腎疾患は比較的よく見られる病気で、脱毛やかゆみ、外陰部の腫脹、攻撃性、無気力、貧血、前立腺肥大による排尿困難・血尿などの様々な症状が単発に、あるいは併発して見られます。一般に冬から春、夏にかけての発症が多くみられ、秋に向かうと一時的に発毛などの改善傾向がみられることもあり、季節性の脱毛と副腎疾患の脱毛との区別がしにくいこともあります。治療としては副腎摘出手術と内科療法があります。
下痢
(ハムスター)
ハムスターには下痢が多く発生します。原因は最近、ウイルス、真菌、寄生虫などの感染症や食餌、内臓疾患、腫瘍などが原因の非感染症と様々ですが、原因が取り除かれず長引くと全身状態も悪化し、時に致命傷になることもあるため注意が必要です。またハムスターでは消火器疾患に併発してあるいは無関係に腸重積が発生することがあるため要注意です。下痢が見られたら早めに受診されることをお勧めいたします。
夜間救急診療についての詳細
Facebook
トリミングサロン
動物ナビ
犬・猫食事療法のお店
スタッフ募集中
アニコムペット保険対応動物病院
アイペットペット保険対応動物病院
獣医師勤務表はこちらから
友だち追加